ブラジャーのサイズが合っていないかも?正しいカップの測り方とは?

PAGE TOP
バストを美しく見せるなら、バストのサイズを正確に把握したうえで、自分に合ったブラジャーを選ぶ必要があります。しかし、サイズが合っていても付け方が間違っていたら、美しいバストにはなりません。ブラジャーを正しく付ければ、バストの形や姿勢を美しく見せたり、ボディラインをスッキリさせたりできます。
また、バストの形崩れや下垂を防ぐためにも、ブラジャーを正しく付けることは重要です。今回は正しいブラジャーの付け方やバストの測り方などを紹介します。

181031_column_1-1


実はサイズの勘違い?ブラジャーが合わない理由とは?

ブラジャーのサイズが合わないのは、さまざまな要因が考えられます。主な理由として挙げられるのが、測り方と付け方です。


181031_column_2-1


正しい測り方ができていないと、カップやアンダーバストもフィットしません。正しく測ったつもりでいても、バストのサイズが使用しているブラジャーよりも大きかったというケースもあります。また、サイズが正しかったとしても、正しい付け方ができていなければ、合っていないと勘違いしてしまうこともあるでしょう。

正しい付け方をしていないと、バストが下がってしまい、形が崩れる原因になってしまいます。使っているブラジャーが合わないと感じている人は、まずは正しいバストサイズの測り方と、ブラジャーの付け方を知るところから始めましょう。


美しいバストは正しい測り方から!

バストサイズはランジェリーショップなど、専門店のスタッフに測ってもらうのが確実です。しかし、人に頼むのが恥ずかしいという場合は、自分で測ることもできます。バストサイズを測る際は、バストが一番ふくらんでいるトップと、バストがふくらんでいる場所のすぐ下、アンダーバストを測ります。ブラジャーには「A65」や「C70」というようにサイズが表記されており、アルファベットがカップ、数字がアンダーのサイズです。


181031_column_3-1


トップとアンダーの差が大きいほど、カップも大きくなります。
自分でバストサイズを測るときは、上半身が裸の状態で、おじぎをするように体を90度に曲げます。

トップが垂直の状態で測れば、正しいトップのサイズが分かります。バストが大きい人や下がり気味の人、離れ気味の人は、使っているブラジャーの中で一番付け心地の良いブラジャーを装着した状態で測りましょう。必ずパッドは外して、メジャーが水平になるようにトップを測ります。アンダーを測るときは体を鏡に映し、メジャーが水平になっているか確認しがなら測りましょう。


形の良いバストにするなら!正しいブラジャーの付け方とは?

正しいバストサイズが分かったら、正しいブラジャーの付け方も知っておきましょう。

ブラジャーを付ける際は、最初にブラジャーの肩紐に腕を通し、アンダーバストにカップの下部分を合わせます。そのまま前かがみになって、後ろのホックをとめましょう。


  • 181031_column_4-1
  • 181031_column_4-2

前かがみの姿勢をキープしたまま、端から中央に向かってバストを引き寄せます。左手で左側のカップを少し浮かせながら、右手で左側のバスト全体を包み込み、右肩の方向へ引き上げるようにして中央に寄せます。右側のバストも同じように優しく引き上げましょう。

両方のバストを中央に引き寄せてカップに入れたら、体を起こして肩紐を調整します。肩紐は人差し指が1本入る程度を目安に調節しましょう。短すぎても長すぎても、ブラジャーが合わなくなってしまいます。


  • 181031_column_4-3
  • 181031_column_4-4

付けた後は腕を上下や左右に動かして、ずれないか確認しましょう。また、アンダーバストが前後で水平になっているか確認することも重要です。アンダーバストが後ろだけ上がっていたり、逆に前だけ上がっていたりする場合は、付け方が間違っているか、サイズが合っていない可能性があります。


正しく付けたらブラジャーが自分に合っているか確認しよう

アンダーバスト以外にも、ブラジャーが合っているか確認するポイントはいくつかあります。カップの上が浮いて隙間が空いている場合は、サイズが大きいです。逆にカップの上がくいこんでいる場合は、サイズが小さすぎます。


  • 181031_column_4-5
  • 181031_column_5-1

カップが小さいとブラジャーでバストを支えきれず、トップが下を向いてしまうケースもあるので、ワンサイズ大きいブラジャーに替えましょう。また、着用しているうちにブラジャーが上がってしまう場合は、アンダーバストが大きい可能性があります。

ブラジャーの中心が浮いてしまったり、アンダーが全体的に上がってしまったりするのは、アンダーバストが小さすぎるためです。ただし、肩紐が短すぎる可能性もあるので、長さを調節することで解決する場合もあります。


  • 181031_column_5-2
  • 181031_column_5-3

肩紐の長さを調節してもくいこんだり、ずり落ちたりするのはカップサイズが原因です。左右のバストでサイズに差があると、バストが小さい側の肩紐だけがずり落ちてしまうこともあります。なお、バストが大きい人の場合、肩紐が細すぎると肩にくいこんでしまいます。痛みを感じたり、肩紐の跡がくっきりと残ったりするときは、肩紐が太めのブラジャーに替えてみましょう。


カップの違和感もわかる!正しいブラジャーの付け方をマスターしよう

ブラジャーの正しい付け方を知っていれば、新しいブラジャーを付けたとき、自分で合っているか合っていないかが判断できるようになります。お気に入りのブラジャーでバストを美しく見せるためにも、正しい付け方を覚えましょう。


181031_column_6-1


ノーザリーの商品を見る
ノーザリーの新着商品
ノーザリー正しいブラジャーの着け方