カップルで温泉に行くならくびれを彼にアピール!スタイルが良く見える水着姿のポイント

PAGE TOP
2人の距離をぐっと近づけることができるデートスポットにプールがあります。また、水着を着て入れる温泉もカップルで一緒に楽しむことができるため人気です。そんなプールや温泉へ一緒に行って水着を着るなら、彼の前ではスタイルをよく見せたいと思うのが女心でしょう。そこで、スタイルが良く見える水着の選び方やスタイルを良く見せる写真の撮り方のポイント、さらに、くびれを作るコツまで一挙に紹介します。抜群のスタイルを見せて、彼にドキッとしてもらいましょう。

181113_column_1-1


堂々と水着が着られる!スタイルが良いと感じるのはどんなポイント?

そもそも、「良いスタイル」とはどのようなスタイルをいうのでしょうか。手足が細く、体全体が痩せている人が必ず良いスタイルに見えるというわけではありません。基本として全体的に痩せて見えることは大切ですが、そこまで痩せていなくてもバランスの取れている体であればスタイルは良く見えるものです。


181113_column_2-1

ただし、スタイルを良く見せるバランスとなるためにはポイントがあります。まず、ウエストについては、くびれていることが大切です。そして反対に、胸とヒップは丸みがあることが重要となります。男性はふくよかな女性が好きな人も、スレンダーで細身の女性がタイプな人も、くびれのある女性に惹かれる傾向が強いという点は共通ポイントとなっています。このため、彼にドキッとしてもらいたいなら、日ごろからくびれを作る努力をしておくようにしましょう。


181113_column_2-2


自信を持って水着を着たい!ウエストにくびれを作る方法

ウエストにくびれを作りたいなら、次の3つの方法を実践すると効果的です。まず、1つ目に紹介するのがフラフープを使用した方法となります。フラフープとはプラスチック製の大きな輪で、輪をウエストにあてて、くるくると回して遊ぶものです。輪を回すときに腰を大きく動かさなければいけないため、ウエスト部の筋肉を使ううちにシェイプアップされていきます。くびれを作りたいならフラフープ回しを1日に10分、週に3回程度を目安にして続けましょう。1日に回す時間配分は、時計回りと半時計回りを各5分ずつ行うのが理想です。


181113_column_3-1

2つ目の方法がドローイングです。ドローイングとは腹筋を形成している腹横筋(ふくおうきん)を鍛えるためのトレーニングメニューをいいます。鼻で息を大きく吸ったら、吸い込んだ息を口からゆっくりと吐くという動作をすることで腹横筋が鍛えられ、ウエストが細くなります。お腹を意識的に少しずつへこませながら息を吐くようにすることがポイントです。


181113_column_3-2

3つ目に紹介する方法が体を温める生活をすることです。日常生活では体を冷やさないように半身浴をしたり、できるだけ温かい飲み物を摂取するようにしたりして体を温めておくようにします。体は冷えると脂肪がたまりやすくなるからです。また、内側から体を温めることで代謝が上がるため、脂肪が燃えやすくもなります。


インスタ映えする!水着着用でスタイルが良く見える写真の撮り方

カップルでプールや水着着用の温泉へ出かけたらデートの思い出として写真を撮ったり、インスタにアップしたりしたいと思うこともあるでしょう。
水着着用でスタイルの良い姿を写真に残したい場合、運動したり生活習慣を変えたりしてウエストをシェイプアップしておくことが理想ですが、写真の撮り方でスタイルを良く見せることも可能です。


181113_column_4-1

たとえば、足を伸ばして座り、片膝を立てるポーズをとると脚のラインを美しく見せることができます。また、モデルのポージングのように背中をそらして上を見上げるような格好で撮影しても、ウエストが伸びるため、スタイルを良く見せることができます。2人で一緒に撮るなら、彼の腕を自分の腰にまわしてもらいましょう。親密な雰囲気が出るだけではなく、お腹のお肉のカムフラージュをすることもできます。


181113_column_4-2


肝心な水着選び!スタイルが良く見えるデザインとは?

体作りや写真撮影などスタイルを良く見せる方法はいろいろありますが、体型カバーを助けてくれる水着選びも肝心です。理想のスタイルのバランスを作る際に丸みが必要となる胸には、パッド入りの水着が効果的となります。胸が強調されて、ウエストとのバランスが取れるようになるからです。


181113_column_5-1

また、ウエストにくびれを作りたいなら、ウエストが細くなっているデザインのワンピースが効果的となります。ウエスト部分について視覚的に水着のラインを体のラインとして見せるためです。下腹部が少し出てしまっていてもワンピースのふんわりとしたラインでカバーすることができます。


181113_column_5-2

ビキニにチャレンジしたいけれどスタイルに自信がなくて悩んでいるなら、ビスチェビキニを選ぶと良いでしょう。特に、ウエストで一番細くなっている部分が見える丈をしたビスチェを着ると細い部分に目が行くため、ウエストがひきしまったスタイルに見えやすくなります。


181113_column_5-3


ポイントを押さえれば大丈夫!自慢の水着で彼を喜ばせて

スタイルに自信がなくても、日常生活でちょっとした努力をしたり、写真の撮り方を工夫して見せ方を変えてみたりするだけで理想のスタイルに近づくことはできます。また、水着の特徴を活かした上手な選び方をすることでも、スタイルを良く見せることは可能です。水着姿で彼に喜んでもらえるように、選び方のポイントをおさえて自分に合った水着をさがしてみましょう。


181113_column_6-1


水着オンラインショップはこちら
新作水着はこちら