肩紐落ちるのは買い替えのサイン?ブラジャーの寿命や正しい捨て方とは

PAGE TOP
女性なら毎日当たり前のように身につけているブラジャーですが、いつ買い替えたほうがいいかを知っていますか。ブラジャーを買うときはいろいろ考えても、捨てるときについてはあまり考えたことがないという人もいるのではないでしょうか。捨て時が来ているのに使い続けていても、本来の役割を果たせなくなってしまっている可能性があります。この記事では、ブラジャーを買い替えたほうがいいサインや、実際の捨て方について解説します。

サイズと体型に合うブラジャーでバストをきれいに


バストをきれいな形に保つためには、サイズや体型に合ったものを選ぶことが大切です。サイズや体型に合わないものを使っていると、バストラインが崩れてしまう可能性があります。ブラジャーを選ぶときには、トップとアンダーのサイズはもちろん、バージスラインといわれるバストの底辺部の長さと幅が合っていることもポイントです。


181127_column_1-1


ブラジャーを購入するときは、試着しましょう。試着するときには、カップの上側が浮いたり食い込んだりしていないか・前の中心が浮いていないか・アンダーバストがずり上がっていないか・ストラップが食い込まないか・バージスラインにワイヤーが食い込まないかなど、さまざまなポイントをチェックしたいものです。また、胴の形が丸いのか平らなのか、バストの向きや高さなども考えて、自分に合うものを選びましょう。


181127_column_1-2


ブラジャーの寿命はどれくらい?


ブラジャーの見た目での劣化は分かりにくいですが、何度も使って洗濯をしていくうちに少しずつ劣化していきます。劣化したブラジャーを使っていると、バストをサポートし、きれいな形を保つという本来の目的を果たせなくなってしまうのです。そういう意味で、ブラジャーには寿命があることを認識しておきましょう。一般的なブラジャーの場合、100回程度の使用により寿命がくるといわれています。機能性の高いものは負荷がかかりやすいため、寿命はもっと短くなる傾向です。3日に1度つけていると約1年、1週間に1度つけていれば約2年が大体の目安となります。


181127_column_2-1


ブラジャーは細かいパーツで作られているため、何度も使ったり洗濯したりすることで、本来の安定感が保てなくなっていくのです。見た目の変化はあまり感じられなくても、以前ほど安定感が感じられなくなったときや着け心地が悪いと感じるようになったら寿命がきていると考えたほうがよいでしょう。


181127_column_2-2


ブラジャーの買い替えサインとは


ブラジャー自体が劣化していて買い替えたほうがよいタイミングを確認しておきましょう。まずは、全体がくたびれた感じになっているときです。この状態になっていると、バストをサポートするという本来の目的が果たせなくなっている可能性が高くなります。つづいて、カップの形が変形しているときは、見た目が悪くなってしまうので、これも買い替え時です。


181127_column_3-1


つぎに、ストラップを調整してもずれてくる場合は、ストラップ自体が劣化している可能性があります。この状態になっていると、バストのサポートはできていないといえるでしょう。さらに、アンダーバストやサイドにあるゴムやメッシュの部分がのびたり、薄くなったりしている場合は、脇や背中のお肉をサポートできなくなっている可能性が高いです。また、ワイヤーが変形している場合、バストがボリュームダウンするだけではなく、肌を傷つけてしまう可能性があります。これらの変化は、見た目でも分かりますので、定期的にチェックをしましょう。


181127_column_3-2


身体に合わなくなったときも捨て時


ブラジャーの本体が劣化していなくても、身体に合わなくなっていると感じたときは、買い替えたほうがいいです。身体に合わなくなっていることは、つけたときの感覚で分かりますので、適宜チェックしてみましょう。まず、身体をひねったときにカップが左右に浮いてしまう場合は、サイズが合っていない可能性があります。両腕を振ったときに、脇から肉がはみ出してしまう場合は、自分の胸よりサイズが小さくなってしまっているのが原因です。


181127_column_4-1


また、手を上げたときにブラジャーが上にずり上がってくる場合も、サイズが合っていないと考えられます。肩を回したときにストラップが落ちてくる場合は、使い心地がよくないため、ぴったりフィットするものを選ぶことが必要です。ジャンプしたときに胸が大きく揺れる場合は、カップが胸を支えきれなくなっている可能性があります。前かがみになったときに、ブラジャーの後ろ側がずり上がるのも、つけ心地の面でいいとはいえません。


181127_column_4-2


ブラジャーの正しい捨て方は?


ブラジャーを捨てるときは、ワイヤーとそれ以外の部分に分けることが必要です。まず、ワイヤーの両端に切り込みを入れて、ブラジャーからワイヤーを取り出しましょう。ワイヤーの部分は燃えないゴミとして出します。本体の部分は、外から中身が見えない袋に入れて、燃えるゴミとして出しましょう。


181127_column_5-1


ブラジャーは定期的に見直しを


劣化していたり身体に合わなかったりするブラジャーを使い続けていると、バストをきれいに保つという役割が果たせず、バストの形が崩れるなど、バストを老けさせる原因になります。いつまでも若々しくきれいなバストラインであり続けるために、定期的にブラジャーの見た目や使い心地をチェックして、買い替え時だと感じたら新しいものに交換しましょう。


181127_column_6-1