身体のラインが気になり始めた人向け!体型をカバーできる水着特集

PAGE TOP
家族や友人と海やプールに行くことになったけれども、身体のラインが気になって、水着になることに不安を感じている人もいるかもしれません。でも、体型カバーのできる水着を選べば心配は無用です。上手に体型をカバーできて、しかもオシャレな水着をご紹介します。

可愛くてデザイン豊富なタンキニ水着

体型をカバーする水着の中でも着やすいのは「タンキニ水着」でしょう。「タンキニ」とは「タンクトップ」と「ビキニ」を組み合わせた造語です。セパレートタイプで、トップスにはタンクトップが多く見られます。ホルターネックやキャミソールのようなタイプの他、Tシャツとセットになったものもあって、バリエーションは豊富です。ボトムスには、ビキニのショーツの上からホットパンツかスカートをはきます。ホットパンツと組み合わせればスポーティーに、スカートと組み合わせればフェミニンに見えます。一見、街着のようでデザインも豊富ですから、だれでも無理なく着やすい水着です。

タンキニ水着はトップスがウエスト部分を隠してくれますので、お腹まわりが気になっている人に向いています。特に、ギャザーを入れたカシュクールのデザインのものは、お腹の「ぽっこり」を上品にカバーしてくれます。ボトムスに履くパンツやスカートの形や長さによっては、腰まわりや太ももをカバーすることも可能です。肩や背中に自信のある人は、背中の開くホルタータイプを選ぶと女性らしい雰囲気を漂わせることができるでしょう。


ママでも着やすいパレオの水着

「パレオタイプ」の水着も、体型カバー力のある水着です。パレオ付きの水着といえば、ビキニの水着の腰にロングスカートのような布(パレオ)を巻いたものというイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、ワンピースのような形のパレオがついていて、ミニのワンピースドレスを着ているように見える水着も販売されています。このタイプならば、かわいらしい雰囲気を出しながらウエストや腰まわりを自然にカバーすることができます。

このワンピースタイプのパレオのメリットは、上半身を覆いたくない場合は、布を腰の部分に移動することができる点です。つまり、ワンピース型でなく、腰に巻くパレオとして着ることもできるのです。ビーチやプールサイドではパレオを身につけ、泳ぐときはビキニだけになることも簡単にできます。ビキニだけ、ワンピース型、腰布型という3パターンの着方を楽しめるのです。リゾート地のビーチから、ちょっとお買い物に行くときなどにも役立ちます。


足の太さが気になるならロングパンツの水着

足が気になる人にピッタリなのが、「ロングパンツ」タイプです。ボトムスが長ズボンの形状をしているため、下半身をスッポリとカバーしてくれます。オシャレに腰や足を隠したい人にふさわしい水着です。ゆったりとしたデザインですから、飛行機の長時間のフライトなどの際にも、リラックスウェアとして使えます。街着として着ても違和感はありません。


露出しなくて安心なフィットネス水着

「フィットネス水着」とは、フィットネスクラブで着るトレーニングウェアのような水着のことです。本来は、スポーツジムなどで、トレーニングに水泳や水中ウォーキングを組み込んでいる人が、着替えることなく運動できるように作られました。しかし、美しいデザインのものが多く、リゾート地で着用しても自然な雰囲気です。


180531_column_1-3

ワンピースタイプとセパレートタイプがあります。ワンピース型は足を動かしやすく、運動や水泳に適しています。セパレートは脱ぎ着しやすくて人気があり、デザインも豊富です。トップスの形は、タンクトップやTシャツ、チュニックなど多様です。動いているうちにめくれあがることがあるので、ウエスト部にめくれ防止のスナップボタンがついているものもあります。ボトムスはレギンスのようにピッタリした形が多く、長さはショート、ひざ上、ロング丈とさまざまです。下半身を細く見せるために、カラーは黒が多く見られます。


180531_column_1-3

種類が多いので、二の腕、お腹、太ももなど、自分の隠したいところに応じて形を選ぶことができます。タンクトップならばお腹まわりなどの上半身のカバーができますし、チュニックならば、お腹だけでなく腰まわりも自然にカバーしてくれます。上半身も下半身も両方とも隠したい場合は、ロングスリーブにロングパンツの水着もあります。「絶対に日焼けしたくない」という人にもふさわしい水着です。

スポーツウエアのブランドとコラボした水着もあります。海でも、テニスやジョギングをしているときと同じ、お気に入りのブランドで装うと楽しいでしょう。水着のブラの上からタンクトップを重ねるレイヤータイプならば、ブラのヒモとタンクトップの色の組み合わせに凝ることもできます。


体型をカバーしながら水着を着こなそう


180531_column_1-3

年齢とともに体型は少しずつ変化していくものです。お腹まわりや腰まわり、太ももなど、どうしても人には見せたくない部分もあるかもしれません。しかし、海やプールに行くなら水に入って楽しみたいでしょう。そういう場合、すっきりと体型カバーができる水着を選べば、上手にコンプレックスを隠しながら泳ぐことができます。人目を気にしながら無理をして身体のラインが出る水着を着なくてもいいのです。これまで紹介したような水着を着用して、安心してレジャーや運動を楽しみましょう。